ニュース詳細

トップニュース一覧 > ニュース詳細

生駒市立病院事業、何あろうが指定管理者に徳洲会

 平成27年3月の開院に向け、着々と準備が進む生駒市立病院。だが、病院事業の指定管理者である医療法人徳洲会で、またしても暴力団交際疑惑が発覚した。指定管理者に指定後、2年半のうちに2度の疑惑にもかかわらず山下真市長はあくまでも徳洲会による病院事業の姿勢を崩さない。市民のためではなく、徳洲会のためといえなくもない病院建設が、いよいよ着工を迎えようとしている。[2013年03月15日]

>>>続きは本紙をご覧下さい ⇒購読のお申し込み

  • 奈良日日新聞社は「Sport for Tomorrow コンソーシアム」の会員です。
  • LINE@で情報発信中!!
  • 奈良日日新聞はチーム準オフィシャルメディアです
  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • 広告のご案内
  • 購読・購入のお申込み
  • 会社情報


ホームニュース紙面内容紹介論点悠言録

購読のお申し込みバックナンバー購入のご案内広告のご案内会社情報個人情報保護

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper