ニュース詳細

トップニュース一覧 > ニュース詳細

農業犠牲?格差拡大 TPP交渉参加表明、聖域守れるか

農業犠牲?格差拡大 TPP交渉参加表明、聖域守れるか

 牾国瓩犧森餃瓩―。安倍晋三首相は15日、TPP(環太平洋経済連携協定)への交渉参加を表明した。輸出業が多い日本経団連は歓迎ムードだが、農業は全国で猛反発。奈良県JAグループも「TPPは国民みんなの問題」と街頭で訴えるなど、聖域なき関税撤廃を前提とする交渉参加に反対している。TPP参加でわれわれの暮らしや県内農業が、どのように変化するかを検証する。[2013年03月22日]

>>>続きは本紙をご覧下さい ⇒購読のお申し込み

  • 奈良日日新聞社は「Sport for Tomorrow コンソーシアム」の会員です。
  • LINE@で情報発信中!!
  • 奈良日日新聞はチーム準オフィシャルメディアです
  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • 広告のご案内
  • 購読・購入のお申込み
  • 会社情報


ホームニュース紙面内容紹介論点悠言録

購読のお申し込みバックナンバー購入のご案内広告のご案内会社情報個人情報保護

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper