ニュース詳細

トップニュース一覧 > ニュース詳細

奈良市長選 有権者754人を街頭調査 30〜40代の票の行方注目

 奈良市長選(21日投開票)まで残り2日。奈良日日新聞社は市内有権者754人を対象にした世論調査を実施し、同選の最終情勢を追った。再選挙の可能性が指摘されるなか、現職の仲川元庸氏(37)が23・4%の支持を集めトップ。次いで新人の池田慎久氏(44)が猛追し、新人の森岡正宏氏(70)=自民推薦=が続く。今回調査では、有権者の年代別で支持しようとする候補が極端に異なることが判明。30〜40歳代の投票率と票の行方が当落の鍵を握る―。[2013年07月19日]

>>>続きは本紙をご覧下さい ⇒購読のお申し込み

  • 奈良日日新聞社は「Sport for Tomorrow コンソーシアム」の会員です。
  • LINE@で情報発信中!!
  • 奈良日日新聞はチーム準オフィシャルメディアです
  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • 広告のご案内
  • 購読・購入のお申込み
  • 会社情報


ホームニュース紙面内容紹介論点悠言録

購読のお申し込みバックナンバー購入のご案内広告のご案内会社情報個人情報保護

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper