ニュース詳細

トップニュース一覧 > ニュース詳細

素泊まり「ゲストハウス」人気

 観光庁は、平成28年までに訪日外国人旅行客を1800万人にすることを目標に「ビジット・ジャパン事業」を展開中。県も積極的に、外国人観光客誘致事業を実施している。同庁の訪日外国人消費動向調査、宿泊旅行統計調査によると、県への訪問率は全体の3割にも上るが、宿泊率はかなり低い=右表参照。県内の宿泊事情、宿泊客受け入れの姿勢はどうなっているのか。簡易宿泊施設「ゲストハウス」を中心に、奈良で泊まることの魅力を探った。[2014年03月21日]

>>>続きは本紙をご覧下さい ⇒購読のお申し込み

  • 奈良日日新聞社は「Sport for Tomorrow コンソーシアム」の会員です。
  • LINE@で情報発信中!!
  • 奈良日日新聞はチーム準オフィシャルメディアです
  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • 広告のご案内
  • 購読・購入のお申込み
  • 会社情報


ホームニュース紙面内容紹介論点悠言録

購読のお申し込みバックナンバー購入のご案内広告のご案内会社情報個人情報保護

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper