ニュース詳細

トップニュース一覧 > ニュース詳細

目覚めよ商都高田 昔の君は輝いていた!

 江戸時代には繰綿(くりわた)問屋が軒を連ね、戦後は繊維産業を中心に栄え、かつては「商都高田」と呼ばれた大和高田市。市内商店街には五條市や御所市などからも買い物客が訪れるなど、中南和の中核都市としてにぎわいをみせていた。だが近年は、生活スタイルの変化に伴い、商店街は空洞化し、街から人が消え、活性化への道筋もつかめていない。商都高田は狃嫐俺任魍个┐梱瓩凌燭辰燭醒罎砲△襦[2014年04月11日]

>>>続きは本紙をご覧下さい ⇒購読のお申し込み

  • 奈良日日新聞社は「Sport for Tomorrow コンソーシアム」の会員です。
  • LINE@で情報発信中!!
  • 奈良日日新聞はチーム準オフィシャルメディアです
  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • 広告のご案内
  • 購読・購入のお申込み
  • 会社情報


ホームニュース紙面内容紹介論点悠言録

購読のお申し込みバックナンバー購入のご案内広告のご案内会社情報個人情報保護

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper