ニュース詳細

トップニュース一覧 > ニュース詳細

奈良音頭 盆踊りで伝えよう

 奈良市のもちいどの商店街や小西さくら通り、三条通では、頻繁に奈良をテーマにした歌が流れている。万葉集の時代から、歌に親しみ深い県民と言えるかもしれない。奈良市の花街、元林院に残る「奈良音頭」や「奈良小唄」「奈良はなつかし」など、奈良の情景を表現したこれらの歌を子どもたちに、市民に残し、親しんでもらおうとする活動が広まっている。奈良音頭とは何か、奈良に伝わる歌について探った。 [2014年07月25日]

>>>続きは本紙をご覧下さい ⇒購読のお申し込み

  • 10月5日付新聞の事前予約はコチラ
  • 奈良日日新聞社は「Sport for Tomorrow コンソーシアム」の会員です。
  • LINE@で情報発信中!!
  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • 広告のご案内
  • 購読・購入のお申込み
  • 会社情報


ホームニュース紙面内容紹介論点悠言録

購読のお申し込みバックナンバー購入のご案内広告のご案内会社情報個人情報保護

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper