ニュース詳細

トップニュース一覧 > ニュース詳細

郡山城跡遺構 豊臣政権期の礎石群出土

 豊臣秀吉の弟・秀長(1540〜91年)が居城としていた郡山城(大和郡山市城内町)城跡の天守台遺構から、16世紀末の礎石群が見つかった。遺構から天守は1階で7×8間(東西15・4叩南北17・6叩砲旅渋い任△襪海箸ら、天守は五層(約20叩冒蠹で豊臣政権期に築城されたものと考えられる。同市教委が12日、発表した。[2014年09月19日]

>>>続きは本紙をご覧下さい ⇒購読のお申し込み

  • 奈良日日新聞社は「Sport for Tomorrow コンソーシアム」の会員です。
  • LINE@で情報発信中!!
  • 奈良日日新聞はチーム準オフィシャルメディアです
  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • 広告のご案内
  • 購読・購入のお申込み
  • 会社情報


ホームニュース紙面内容紹介論点悠言録

購読のお申し込みバックナンバー購入のご案内広告のご案内会社情報個人情報保護

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper