ニュース詳細

トップニュース一覧 > ニュース詳細

サービス低下 懸念の声―奈良市、指定管理で波紋

 「官から民へ」―。指定管理者制度の導入で、公の施設の管理・運営を民間やNPO法人が請け負うしくみが加速している。だが、その一方で、コスト削減にばかり目が向き、サービス低下を懸念する声が高まってきた。奈良市でも一般社団法人市総合財団(理事長・津山恭之副市長)が管理・運営する、ならまちセンター(東寺林町)、入江泰吉記念写真美術館(高畑町)、音声館(鳴川町)で、市民から批判の声が挙がっている。[2014年10月31日]

>>>続きは本紙をご覧下さい ⇒購読のお申し込み

  • 奈良日日新聞社は「Sport for Tomorrow コンソーシアム」の会員です。
  • LINE@で情報発信中!!
  • 奈良日日新聞はチーム準オフィシャルメディアです
  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • 広告のご案内
  • 購読・購入のお申込み
  • 会社情報


ホームニュース紙面内容紹介論点悠言録

購読のお申し込みバックナンバー購入のご案内広告のご案内会社情報個人情報保護

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper