ニュース詳細

トップニュース一覧 > ニュース詳細

39年ぶりの祭儀 「本殿遷座祭」は来月斎行 橿原神宮で

39年ぶりの祭儀 「本殿遷座祭」は来月斎行 橿原神宮で

 初代天皇・神武天皇の崩御から2600年にあたる今年4月、橿原神宮(同市久米町)で「神武天皇二千六百年大祭」が行われる。大祭の一環として、国の重要文化財である本殿の檜皮(ひわだ)葺き屋根および金具修繕の工事が今月末に竣工(しゅんこう)の見込みとなり、「本殿遷座祭」が3月5〜9日に執り行われる。御本殿の修繕は昭和52年以来、39年ぶり。[02月12日]

>>>続きは本紙をご覧下さい ⇒購読のお申し込み

  • 教職40年 浅田芳正氏の教育奮闘記「教育は教えないこと!〜考える力を育てる〜」 好評のうちに連載終了 平成28年3月18日刊行
  • 応援しよう地元の バンビシャス奈良×奈良日日新聞 奈良日日新聞はチーム準オフィシャルメディアです
  • 奈良日日新聞 購読・購入のお申込み
  • 広告のご案内
  • 奈良日日新聞 会社情報


  • ならにちホームページガイド
  • つぶやきで奈良をもっと楽しくしよう!ツイ奈良交流会

ホームニュース紙面内容紹介論点悠言録

購読のお申し込みバックナンバー購入のご案内広告のご案内会社情報個人情報保護

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper