ニュース詳細

トップニュース一覧 > ニュース詳細

認定による活性化に期待も、試される狠楼萠廊瓠‘本遺産、桜井・天理市など3件申請

認定による活性化に期待も、試される狠楼萠廊瓠‘本遺産、桜井・天理市など3件申請

 桜井、天理両市がこのほど、地域の文化財や伝統を生かし、観光振興につなげる文化庁の日本遺産認定を目指し、「『日本麺食文化のルーツ 三輪素麺(そうめん)』三輪・山の辺の地」として申請した。県内ではすでに明日香村、橿原市、高取町が「日本国創成のとき〜飛鳥を翔(かけ)た女性たち〜」をテーマに認定済みだ。とはいえ日本遺産そのものの認知度はまだまだ高いとはいえず、認定を契機に地域がどう変わっていくのかは、未知数ともいえる。日本遺産効果による活性化への期待の声が上がる一方、認知度向上に向けた地域力も試される。[2016年03月25日]

>>>続きは本紙をご覧下さい ⇒購読のお申し込み

  • 10月5日付新聞の事前予約はコチラ
  • 奈良日日新聞社は「Sport for Tomorrow コンソーシアム」の会員です。
  • LINE@で情報発信中!!
  • 奈良日日新聞はチーム準オフィシャルメディアです
  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • 広告のご案内
  • 購読・購入のお申込み
  • 会社情報


ホームニュース紙面内容紹介論点悠言録

購読のお申し込みバックナンバー購入のご案内広告のご案内会社情報個人情報保護

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper