ニュース詳細

トップニュース一覧 > ニュース詳細

爐困辰判擦澆燭き畆存修悄/雄牾諒櫃醗蘋に投資を

爐困辰判擦澆燭き畆存修悄/雄牾諒櫃醗蘋に投資を

 奈良県の人口は約135万8000人(今年9月1日現在)で、平成17年の約142万1000人から6万3000人減少している=表参照。これに対して、奈良県と人口規模が同様の滋賀県では17年に約138万人だった人口が約141万5000人に増加。奈良は近畿で和歌山に次ぐ過疎地となった。年々、全国で人口減少が深刻化するなか、近年はわずかに減少しているものの、10年で3万人増やした滋賀と奈良の違いは。爐困辰判擦澆燭て猯畢瓩亮存修防要な課題を探る。[2016年10月21日]

>>>続きは本紙をご覧下さい ⇒購読のお申し込み

  • 10月5日付新聞の事前予約はコチラ
  • 奈良日日新聞社は「Sport for Tomorrow コンソーシアム」の会員です。
  • LINE@で情報発信中!!
  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • 広告のご案内
  • 購読・購入のお申込み
  • 会社情報


ホームニュース紙面内容紹介論点悠言録

購読のお申し込みバックナンバー購入のご案内広告のご案内会社情報個人情報保護

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper