ニュース詳細

トップニュース一覧 > ニュース詳細

わからなくなる境界線… 「しつけ」のつもりがストレスのはけ口に 児童虐待

わからなくなる境界線… 「しつけ」のつもりがストレスのはけ口に 児童虐待

 今年4月、生駒市で父親が2歳の男の子をプラスチック製の収納ケースに閉じ込めて窒息死させた。父親は「しつけのためにやった。殺すつもりはなかった」と供述。真意はわからないが、たった一つの幼い命が実父によって奪われたことに変わりはない。昨年度に虐待を受けたか、その恐れがあるとして県または市町村が支援などの対象とした児童数は4076人。子どものための「しつけ」が、いつしかストレスのはけ口へと変わっていく。その原因はどこにあり、防ぐには何が必要なのか。県内在住の子育て経験者177人のアンケート結果から、児童虐待の実情に迫る。[2016年11月18日]

>>>続きは本紙をご覧下さい ⇒購読のお申し込み

  • 奈良日日新聞社は「Sport for Tomorrow コンソーシアム」の会員です。
  • LINE@で情報発信中!!
  • 奈良日日新聞はチーム準オフィシャルメディアです
  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • 広告のご案内
  • 購読・購入のお申込み
  • 会社情報


ホームニュース紙面内容紹介論点悠言録

購読のお申し込みバックナンバー購入のご案内広告のご案内会社情報個人情報保護

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper