ニュース詳細

トップニュース一覧 > ニュース詳細

近鉄大和八木駅周辺整備事業 「反対」意見、多数!? 新橿原市議アンケート

近鉄大和八木駅周辺整備事業 「反対」意見、多数!? 新橿原市議アンケート

 総人口は12万人を超え、奈良市に次ぐ県下第2の都市とされる橿原市。現在、市は近鉄大和八木駅周辺の中心市街地整備として、駅南側にホテルや分庁舎などを備えた複合施設の整備を進めており、駅北側では、市営立体駐車場を撤去する案などを検討。また、県立医科大学を拠点とした医大まちづくりや本庁舎の建て替えなど、市の将来を左右する大型事業が控えている。そういった状況の中、奈良日日新聞社は先月の選挙で当選を果たした新人5人を含む24人の市議会議員を対象に、これら事業を含め自身の政策などについてアンケート=2面に掲載=を実施。16人の市議から回答を得た結果、同駅周辺整備事業に関して「反対」の意見が多く見られた。ただ、議員定数の3分の1に及ぶ8人が、本紙の問い合わせにもかかわらず無回答で、その政治姿勢が問われそうだ。[2017年03月10日]

>>>続きは本紙をご覧下さい ⇒購読のお申し込み

  • 10月5日付新聞の事前予約はコチラ
  • 奈良日日新聞社は「Sport for Tomorrow コンソーシアム」の会員です。
  • LINE@で情報発信中!!
  • 奈良日日新聞はチーム準オフィシャルメディアです
  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • 広告のご案内
  • 購読・購入のお申込み
  • 会社情報


ホームニュース紙面内容紹介論点悠言録

購読のお申し込みバックナンバー購入のご案内広告のご案内会社情報個人情報保護

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper