ニュース詳細

トップニュース一覧 > ニュース詳細

進む受動喫煙防止対策― 県内牘讚畛情に迫る

進む受動喫煙防止対策― 県内牘讚畛情に迫る

 他人のたばこの煙を吸わされる「受動喫煙」は近年、社会全体で取り組むべき問題として認識され、国会では対策を強化する健康増進法の改正内容を巡り議論が繰り広げられている。そういった状況の中、県では「なら健康長寿基本計画」を策定し、平成34年度までに県と各市町村、学校、医療機関の敷地内禁煙達成を目標に掲げ、受動喫煙防止や禁煙支援に関するさまざまな取り組みを実施。しかしその一方で、愛煙家や禁煙を義務化される飲食店などからは反対の声も聞こえてくる。県内の牘讚畛情を探った。[2017年06月02日]

>>>続きは本紙をご覧下さい ⇒購読のお申し込み

  • 奈良日日新聞社は「Sport for Tomorrow コンソーシアム」の会員です。
  • LINE@で情報発信中!!
  • 奈良日日新聞はチーム準オフィシャルメディアです
  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • 広告のご案内
  • 購読・購入のお申込み
  • 会社情報


ホームニュース紙面内容紹介論点悠言録

購読のお申し込みバックナンバー購入のご案内広告のご案内会社情報個人情報保護

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper