ニュース詳細

トップニュース一覧 > ニュース詳細

新鮮な目線、観光振興に 南都銀と大和郡山市、若手12人が交流会

新鮮な目線、観光振興に 南都銀と大和郡山市、若手12人が交流会

 南都銀行(橋本隆史頭取、奈良市橋本町)は25日、大和郡山市と市の観光資源を活用した観光振興策をテーマに「第1回若手職員交流会」を同行郡山支店会議室(同市南郡山町)で開催。20〜30歳代の同行郡山・筒井・中央市場支店の行員6人と市職員6人計12人がグループワークを行った。[2017年07月28日]

>>>続きは本紙をご覧下さい ⇒購読のお申し込み

  • 奈良日日新聞社は「Sport for Tomorrow コンソーシアム」の会員です。
  • LINE@で情報発信中!!
  • 奈良日日新聞はチーム準オフィシャルメディアです
  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • 広告のご案内
  • 購読・購入のお申込み
  • 会社情報


ホームニュース紙面内容紹介論点悠言録

購読のお申し込みバックナンバー購入のご案内広告のご案内会社情報個人情報保護

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper