ニュース詳細

トップニュース一覧 > ニュース詳細

自民県連、責任問題棚上げ 党内でさらに厳しい声も

自民県連、責任問題棚上げ 党内でさらに厳しい声も

 9日に行われた奈良市長選挙で、自民推薦候補の得票数が前代未聞の約2万票に留まり大敗したことを受け、党内で県連役員の狒躰職瓩魑瓩瓩訐爾相次いでいるが、25日の役員任期満了後も党本部での次期総選挙の公認調整などが決定するまでは現体制のまま継続することになった。このままでは責任問題が棚上げされ、同党支持者らから奥野信亮会長ら役員に対してさらに厳しい責任追及の声が高まりそうだ。[2017年07月28日]

>>>続きは本紙をご覧下さい ⇒購読のお申し込み

  • 奈良日日新聞社は「Sport for Tomorrow コンソーシアム」の会員です。
  • LINE@で情報発信中!!
  • 奈良日日新聞はチーム準オフィシャルメディアです
  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • 広告のご案内
  • 購読・購入のお申込み
  • 会社情報


ホームニュース紙面内容紹介論点悠言録

購読のお申し込みバックナンバー購入のご案内広告のご案内会社情報個人情報保護

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper