ニュース詳細

トップニュース一覧 > ニュース詳細

障害ある人・ない人の絆深め 新たな文化、ともに発信 国文祭・障文祭、きょう開幕

障害ある人・ない人の絆深め 新たな文化、ともに発信 国文祭・障文祭、きょう開幕

 全国初の一体開催となる「第32回国民文化祭・なら2017」、「全国障害者芸術・文化祭なら大会」がきょう1日、開幕する。11月30日までの3カ月間、県内39すべての市町村で音楽、美術、伝統・歴史文化など地域の特色を生かした75イベントが開催される。シンポジウム・国際交流・障害者交流事業なども行われ、全国、海外から多くの人が奈良に足を運ぶ。国内最大級の文化の祭典を目前に控え、仕上げの準備に奔走する県地域振興部の平田千江子国民文化祭・障害者芸術文化祭課長に抱負や見どころを語ってもらい、その魅力に迫った。[2017年09月01日]

>>>続きは本紙をご覧下さい ⇒購読のお申し込み

  • 10月5日付新聞の事前予約はコチラ
  • 奈良日日新聞社は「Sport for Tomorrow コンソーシアム」の会員です。
  • LINE@で情報発信中!!
  • 奈良日日新聞はチーム準オフィシャルメディアです
  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • 広告のご案内
  • 購読・購入のお申込み
  • 会社情報


ホームニュース紙面内容紹介論点悠言録

購読のお申し込みバックナンバー購入のご案内広告のご案内会社情報個人情報保護

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper