ニュース詳細

トップニュース一覧 > ニュース詳細

希望、全区で候補 衆院選、10日公示・22日投開票 顔ぶれほぼ出そろう

希望、全区で候補 衆院選、10日公示・22日投開票 顔ぶれほぼ出そろう

 衆院選公示に向け、各党が奔走―。小池百合子都知事が代表を務める新党「希望の党」が3日、衆院選(10日公示、22日投開票)の第1次公認候補を発表し、当初民進党から2区で出馬予定だった前川清成氏(54)が3区に回り、広陵町出身で弁護士の新人、松本昌之氏(34)が2区で出馬することが決定。これで各党、候補予定者の顔ぶれがほぼ出そろった。県内の選挙区が1減の3選挙区となり、18歳選挙権施行後初の衆院選となり、新党の動きも含め県民の注目が高まるなか、経済や教育の分野で活躍する県関係の有識者を取材し、同選挙のポイントを探った。[2017年10月06日]

>>>続きは本紙をご覧下さい ⇒購読のお申し込み

  • 10月5日付新聞の事前予約はコチラ
  • 奈良日日新聞社は「Sport for Tomorrow コンソーシアム」の会員です。
  • LINE@で情報発信中!!
  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • 広告のご案内
  • 購読・購入のお申込み
  • 会社情報


ホームニュース紙面内容紹介論点悠言録

購読のお申し込みバックナンバー購入のご案内広告のご案内会社情報個人情報保護

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper