ニュース詳細

トップニュース一覧 > ニュース詳細

認知症への理解深める 養成講座に精華台小の児童95人 精華町キャラバン・メイト連絡会

認知症への理解深める 養成講座に精華台小の児童95人 精華町キャラバン・メイト連絡会

 認知症にやさしいまちづくりを目指す「精華町キャラバン・メイト連絡会」(田中克博代表)は19日、精華町立精華台小学校(同町精華台)の4年生を対象に「ブロンズキッズサポーター養成講座」を開催。児童95人(3クラス)が紙芝居による読み聞かせやグループワークなどを通して、認知症に対する理解を深めた。[2018年01月26日]

>>>続きは本紙をご覧下さい ⇒購読のお申し込み

  • 奈良日日新聞社は「Sport for Tomorrow コンソーシアム」の会員です。
  • LINE@で情報発信中!!
  • 奈良日日新聞はチーム準オフィシャルメディアです
  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • 広告のご案内
  • 購読・購入のお申込み
  • 会社情報


ホームニュース紙面内容紹介論点悠言録

購読のお申し込みバックナンバー購入のご案内広告のご案内会社情報個人情報保護

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper