ニュース詳細

トップニュース一覧 > ニュース詳細

商店街活性化の起爆剤に ファンド活用しまちづくり 桜井市

商店街活性化の起爆剤に ファンド活用しまちづくり 桜井市

 郊外の大型店の出店増加に伴い、商店街が衰退するなど中心市街地の空洞化が加速、県内でも多くの商店街が爛轡礇奪拭篠未蟆臭瓩垢訝罅∈井市では、まちづくりファンドを活用した古民家再生事業を中心とした商店街活性化が進む。今年4月には、旧銀行支店をリノベーションし地域食材を生かしたレストランがオープン予定で、商店街の新たなシンボルが誕生する。[2018年02月23日]

>>>続きは本紙をご覧下さい ⇒購読のお申し込み

  • 奈良日日新聞社は「Sport for Tomorrow コンソーシアム」の会員です。
  • LINE@で情報発信中!!
  • 奈良日日新聞はチーム準オフィシャルメディアです
  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • 広告のご案内
  • 購読・購入のお申込み
  • 会社情報


ホームニュース紙面内容紹介論点悠言録

購読のお申し込みバックナンバー購入のご案内広告のご案内会社情報個人情報保護

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper