ニュース詳細

トップニュース一覧 > ニュース詳細

4か町村の合併から10年… 課題山積、宇陀市の今後は 激戦必至の市長選、15日告示・ 22日投開票

4か町村の合併から10年… 課題山積、宇陀市の今後は 激戦必至の市長選、15日告示・ 22日投開票

 平成28年1月に合併10周年を迎え、新たなスタートを切った宇陀市の市長選が、任期満了(4月26日)に伴い15日告示、22日投開票で実施される(市議選と同日選)。同選は、宇陀市の草創期を支えた現職の竹内幹郎氏(69)が引退を明らかにし、前市議の西浦正哲氏(62)、元市議の高見省次氏(57)が立候補を表明、新人2氏による一騎打ちが予想される。少子高齢化、産業振興、行財政改革の推進など課題が山積する中、次の10年の市政運営のかじ取り役をどちらに託すのか重要な選挙となる。[2018年04月06日]

>>>続きは本紙をご覧下さい ⇒購読のお申し込み

  • 奈良日日新聞社は「Sport for Tomorrow コンソーシアム」の会員です。
  • LINE@で情報発信中!!
  • 奈良日日新聞はチーム準オフィシャルメディアです
  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • 広告のご案内
  • 購読・購入のお申込み
  • 会社情報


ホームニュース紙面内容紹介論点悠言録

購読のお申し込みバックナンバー購入のご案内広告のご案内会社情報個人情報保護

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper