ニュース詳細

トップニュース一覧 > ニュース詳細

奈良市米PR、シンボルマークに鹿と稲穂 鹿害で農家から怒りの声

奈良市米PR、シンボルマークに鹿と稲穂 鹿害で農家から怒りの声

 奈良市が市内で生産される米をPRしようと、シンボルマークとロゴデザインを一般公募、奈良の象徴である鹿と稲穂を組み合わせたイラストを最優秀賞に決定したが、市内の農家から「鹿害で農作物が荒らされ困っているのに、鹿が稲穂を食べているようにみられる図柄は、被害農家の気持ちを逆なでしている」との批判が噴出。これに対して同市では「鹿はあくまで奈良の象徴。鹿害対策も取り組んでいる」と話しており、論議を呼びそうだ。[2018年04月13日]

>>>続きは本紙をご覧下さい ⇒購読のお申し込み

  • 奈良日日新聞社は「Sport for Tomorrow コンソーシアム」の会員です。
  • LINE@で情報発信中!!
  • 奈良日日新聞はチーム準オフィシャルメディアです
  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • 広告のご案内
  • 購読・購入のお申込み
  • 会社情報


ホームニュース紙面内容紹介論点悠言録

購読のお申し込みバックナンバー購入のご案内広告のご案内会社情報個人情報保護

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper