ニュース詳細

トップニュース一覧 > ニュース詳細

悩める40代男性、抱える心の闇は 寄り添い学び、犲殺疔匹亜‘猯匹い里舛療渡

悩める40代男性、抱える心の闇は 寄り添い学び、犲殺疔匹亜‘猯匹い里舛療渡

 一本の電話が命をつなぐ―。警察庁の集計によると、昨年1年間の全国の自殺者数は2万1321人(前年比576人減)で8年連続の減少。県は187人(前年比12人減)=図2参照=で、全国と比較すると自殺者は少ない。ただその背景には、自殺をなんとかくい止めようとその身を削り、悩める人に寄り添う人たちの存在がある。24時間、365日電話相談を行っている社会福祉法人「奈良いのちの電話協会」(奈良市西大寺本町、小林茂樹理事長)の昨年の相談件数は1万8371件で、40歳代男性の相談が2976件=図1参照=で最も多かった。同協会や県の取り組みを取材し、働き盛りの男性が抱える不安や、子育てを終えた女性の悩み、狎犬づらさ瓩魎兇検⊆ら命を絶つ若者らの心の闇に迫った。[2018年08月10日]

>>>続きは本紙をご覧下さい ⇒購読のお申し込み

  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • 会社情報
  • お問い合わせ

ホームニュース論点悠言録

会社情報お問い合わせ

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper