ニュース詳細

トップニュース一覧 > ニュース詳細

不適切な事務処理で河合町が住民説明会 町民から厳しい意見も

不適切な事務処理で河合町が住民説明会 町民から厳しい意見も

 昨年12月に公営住宅修繕費の未払い金など不適切な会計処理が明らかになった河合町は17日、町立河合第一小学校(同町池部)で住民説明会を開き、町民や町職員、町会議員ら約50人が集った。同住宅は昭和46年度から建設が始まり、現在79棟あるがそのほとんどは老朽化が進み、町の修繕費の負担が大きくなっている。町は27年7月に未払い金の存在を認知。しかし再発防止策の検討などを理由に公表していなかった。さらに町は昨年8〜11月にかけて、清掃工場施設の修繕を予算措置を経ずに行っており、住民の町政に対する不信感が募っていた。[2018年11月23日]

>>>続きは本紙をご覧下さい ⇒購読のお申し込み

  • 10月5日付新聞の事前予約はコチラ
  • 奈良日日新聞社は「Sport for Tomorrow コンソーシアム」の会員です。
  • LINE@で情報発信中!!
  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • 広告のご案内
  • 購読・購入のお申込み
  • 会社情報


ホームニュース紙面内容紹介論点悠言録

購読のお申し込みバックナンバー購入のご案内広告のご案内会社情報個人情報保護

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper