ニュース詳細

トップニュース一覧 > ニュース詳細

地域密着型SCを目指し 「トナリエ大和高田」誕生

地域密着型SCを目指し 「トナリエ大和高田」誕生

 地域に根付いた地域密着型ショッピングセンター(SC)を目指して―。日本エスコン(東京都千代田区、伊藤貴俊社長)が旧オークタウン大和高田を整備し建設を進めてきた、新たな商業施設「トナリエ大和高田」(大和高田市幸町)が23日、グランドオープンした。当日は午前10時のオープン前から長蛇の列ができ、多くの買い物客でにぎわった。「立体公園」をコンセプトにした鉄骨造り3階建ての施設。近鉄大和高田駅直結というアクセス環境に恵まれ、店内には食品、雑貨、衣料品店など66店舗が出店、吹き抜け構造となっており、単なるショッピング機能だけでなく、人々が集う、交流する施設として、時代に適合した施設となることを目指す。[2018年11月30日]

>>>続きは本紙をご覧下さい ⇒購読のお申し込み

  • 10月5日付新聞の事前予約はコチラ
  • 奈良日日新聞社は「Sport for Tomorrow コンソーシアム」の会員です。
  • LINE@で情報発信中!!
  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • 広告のご案内
  • 購読・購入のお申込み
  • 会社情報


ホームニュース紙面内容紹介論点悠言録

購読のお申し込みバックナンバー購入のご案内広告のご案内会社情報個人情報保護

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper