ニュース詳細

トップニュース一覧 > ニュース詳細

特養ホーム「平城園」竣工 記念式典に関係者ら120人 福寿会

特養ホーム「平城園」竣工 記念式典に関係者ら120人 福寿会

 県内で初の通所介護事業所を開設し、特別養護老人ホームやケアハウス、デイサービスなどを展開する福寿会(奈良市山陵町、秋吉美由紀理事長)は13日、新たな特養「平城園」(同市秋篠町)の竣工(しゅんこう)式典を開き、関係者ら約120人が訪れた。同園は昭和57年に開園し、現在使用している建物の老朽化に伴い、平成29年から新築工事が進められていた。平城園には特養110床、ショートステイ10床のほか、在宅支援センターやデイサービス、診療所、地域交流スペースなども備える。来年1月ごろに新施設へ移行。その後旧施設の解体、造成工事、駐車場の整備が行われ、来年10月ごろに全工事が完了予定。[2018年12月21日]

>>>続きは本紙をご覧下さい ⇒購読のお申し込み

  • 10月5日付新聞の事前予約はコチラ
  • 奈良日日新聞社は「Sport for Tomorrow コンソーシアム」の会員です。
  • LINE@で情報発信中!!
  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • 広告のご案内
  • 購読・購入のお申込み
  • 会社情報


ホームニュース紙面内容紹介論点悠言録

購読のお申し込みバックナンバー購入のご案内広告のご案内会社情報個人情報保護

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper