ニュース詳細

トップニュース一覧 > ニュース詳細

議員、疋田議長パワハラ再指摘 アンケートで7人「認識がある」 河合町議会

議員、疋田議長パワハラ再指摘 アンケートで7人「認識がある」 河合町議会

 昨年9月から3期連続で定例会が流会となるなど、異常事態が続いていた河合町議会。今年5月には議員6人が疋田俊文議長の職務怠慢、議員や職員に対するどう喝やパワーハラスメントなどについての抗議文を議長に提出し、議会運営の正常化などを求めていた。しかし、その後も議会事務局の職員に対する議長のパワハラが続いていることから、池原真智子議員が今月6日に開かれた議会運営委員会で、再度指摘する事態に。このため奈良日日新聞社では全議員に緊急アンケートを実施=結果を2面に掲載=、議長のパワハラ疑惑について12人中7人の議員が「認識がある」と回答した。議長は「パワハラをしたという認識はない」などと否定しているが、議会を代表する最高責任者の議長のパワハラ疑惑に、町民から批判の声が高まっている。[2018年12月21日]

>>>続きは本紙をご覧下さい ⇒購読のお申し込み

  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • バックナンバー購入のご案内
  • 会社情報
  • お問い合わせ

ホームニュース論点悠言録

バックナンバー購入会社情報お問い合わせ

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper