主要ニュース

障がい者スポーツに関心高まるも… 県、近畿で「指導員」最少

障がい者スポーツに関心高まるも… 県、近畿で「指導員」最少

 2020年東京パラリンピックの開催まで2年を切り、障がい者スポーツへの関心が高まっている。10月に福井県で開かれた「全国障害者スポーツ大会『福井しあわせ元気大会2018』」には、県から19人の選手が出場し、4競技で計25個のメダルを獲得する活躍を見せた。一方で、障がい者のスポーツ環境を構築する上で必要な「障がい者スポーツ指導員」の県内の数は、計216人と近畿ブロックで最少にとどまる。県障害者スポーツ協会は指導員資格の「認知度不足」を指摘。指導員の高齢化も進んでいると言い、世代まんべんなく指導員が増えるよう「広報活動に力を入れていきたい」としている。 [2018年12月14日]

  • 10月5日付新聞の事前予約はコチラ
  • 奈良日日新聞社は「Sport for Tomorrow コンソーシアム」の会員です。
  • LINE@で情報発信中!!
  • 凛と咲く〜輝く女性たち
  • 広告のご案内
  • 購読・購入のお申込み
  • 会社情報


ホームニュース紙面内容紹介論点悠言録

購読のお申し込みバックナンバー購入のご案内広告のご案内会社情報個人情報保護

当サイトに掲載の記事・写真・図版などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権並びに国際条約により保護されています。

Copyright Nara Nichinichi Newspaper